HOME > 水勾配

用語集

水勾配

雨水や汚水などの排水を目的につける緩い傾斜のこと。一般的に床面や雨樋、下水道管などに用いられる水取り勾配のことを指す。 水が自力で流れる限界の勾配は0.5%程度で、自然流下式の管に用いられ、日常的に歩いている道路には、ほとんど気付かない程度の1~1.5%程度の横断勾配がついている。水は流れるが傾きに気付かない勾配は1%程度と言われ、ウッドデッキにつける床勾配は1%程度が良いとされる。ちなみに1%の勾配とは、水平距離の1に対して100分の1上下する傾きを言い、1mでは1cmの緩い傾きとなる。
お問合わせはこちら
一覧に戻る
  • 埼玉で働く大興のSTAFF BLOG
  • 外構・エクステリアビフォーアフター
  • 外構・エクステリアCAD パース
  • エクステリア施工コンクール
  • 用語集
  • サービス内容
  • イベント情報
  • アフターメンテナンス
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報
  • 料金について
  • ガーデンルーム・エクシオール特集
  • Tile&Stone
  • おすすめ!目かくし特集
  • 各メーカー商品
Mobile site
  • 庭ブロ
  • リフォームガーデンクラブ
  • LIXILリフォームネット
  • Garden Plat
  • Dea's Garden
さいたま市を中心とした施工エリア