HOME > 水盛遣方

用語集

水盛遣方

工事を着手する前に、構築物の正確な位置・高さ・水平などを出すための作業。一番はじめに行なう作業で、最も重要な作業だともいえる。これがいい加減な場合、敷地に対して正確な位置で構築物を建てることはできない。 水盛り(みずもり)とは水平を出す作業で、測量機器のない時代には水盛管に水を入れて水平を定めたところからこのように呼ばれる。現在では水準の測量器には通常、水準儀と標尺が使用される。 遣り方(やりかた)とは位置を出す作業のことで、根切りなど基礎工事に先立ち、壁、柱の中心や高低などを表示する仮設装置をつくる。これらの作業を合わせて水盛遣方と呼ぶ。
お問合わせはこちら
一覧に戻る
  • 埼玉で働く大興のSTAFF BLOG
  • 外構・エクステリアビフォーアフター
  • 外構・エクステリアCAD パース
  • エクステリア施工コンクール
  • 用語集
  • サービス内容
  • イベント情報
  • アフターメンテナンス
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報
  • 料金について
  • ガーデンルーム・エクシオール特集
  • Tile&Stone
  • おすすめ!目かくし特集
  • 各メーカー商品
Mobile site
  • 庭ブロ
  • リフォームガーデンクラブ
  • LIXILリフォームネット
  • Garden Plat
  • Dea's Garden
さいたま市を中心とした施工エリア