HOME > コーキング

用語集

コーキング

隙間を埋める目地材の総称で、あらかじめ形が決まっているものをシーリング(材)と言い、チューブを専用のガンで押出して施工する樹脂性の物をコーキング(材)ということが多い。 例えば、温度や湿度の変化により部材が、伸び縮みした際や、地震や風圧の影響でたわみが発生したりした際に、位置のズレが起こり、部材同士がぶつかり合うのを防ぐために充填材などで隙間を埋めるのに用いられる。また、水や空気、ほこりなどの侵入を防ぐため、サッシまわりや窓枠などの周囲、部材の接ぎ目部分などの小さな隙間にも気密性や防水性向上のために施工される。
お問合わせはこちら
一覧に戻る
  • 埼玉で働く大興のSTAFF BLOG
  • 外構・エクステリアビフォーアフター
  • 外構・エクステリアCAD パース
  • エクステリア施工コンクール
  • 用語集
  • サービス内容
  • イベント情報
  • アフターメンテナンス
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報
  • 料金について
  • ガーデンルーム・エクシオール特集
  • Tile&Stone
  • おすすめ!目かくし特集
  • 各メーカー商品
Mobile site
  • 庭ブロ
  • リフォームガーデンクラブ
  • LIXILリフォームネット
  • Garden Plat
  • Dea's Garden
さいたま市を中心とした施工エリア